東急コミュニティーは評判のいいところを選ぼう

メンズ

投資用不動産の購入

メンズ

資産価値の維持

世界的な金融緩和の影響で金融商品の利回りの下落が顕著になっています。不動産投資の期待利回りが相対的に向上しており、分譲マンションを購入して賃貸をすることも重要な選択肢になっています。分譲マンションは管理組合が外部の管理会社に管理委託をすることが一般的になっています。マンションの資産価値は管理会社の管理の状況によって大きく異なるケースが現出しています。東急コミュニティーは分譲マンションの管理戸数が3本の指に入る評判の良いマンション管理会社です。投資対象を検討する際には東急コミュニティーの管理委託をしているマンションは有力な候補となります。東急コミュニティーは管理戸数が多いので管理人を多く抱えています。そのため東急コミュニティーの評判は、管理人の質によって左右されることは否めません。管理人の評判が良くないと管理組合員からクレームが持ち上げられるため、総会で管理会社の交替を検討することになります。第一段階としては評判の良くない管理人の交替を求めることが一般的ですが、最近は管理受託の競争が厳しくなっているため、初めから交替を前提に検討されるケースも出てきています。管理受託の件数の多い管理会社では解約を避けるために管理人の教育や研修に力を入れている実態があります。現在、物件を管理する管理人の高齢化が顕著になっておりますので、若い層のリクルートや地域を統括するフロントマンの教育についても重要になっています。管理会社の質が投資対象となるマンションの評判も向上させています。